冷蔵庫はどんな準備が必要なの?設置場所は?

5月 24th, 2016 · Posted by

pink-reizouko

まず、引越し前には冷蔵庫の中身を処分しなければ運んではくれません。

 

 

 

電源を抜くのは1日前で大丈夫ですが、中身の処分は一週間前にはどうするかを考えておきましょう。

 

 

献立を考え(鍋がお勧めです。)食べきるか、もったいなくても処分する、
もしくは、クーラーボックスで運んだり、クール宅急便で運ぶ方法も選択肢に入れて下さい。

 

 

中身が綺麗になったら、今度は水抜き作業です。

 

 

 

冷蔵庫には直冷式と間冷式の2種類がありますが、直冷式の場合(主に旧式タイプ)は霜取りが必要になります。

 

 

 

霜取り方法は、電源を抜いた後に扉を全開して、自然解凍させて滴る水をタオルで拭き取るという方法になります。

 

 

 

ドライバーや金づちを使用して霜を取るような事はしないでください。内部が傷付き故障の原因となります。

 

 

 

また間冷式の場合は霜は自動で取れるので必要ありません。

 

 

 

冷蔵庫の下部(前面・もしくは背面)にある蒸発した水を受ける皿を抜き取り廃棄して下さい。

 

 

 

場所が分からない方は、そのままにしておき当日に業者に抜いてもらって下さい。

 

水抜きは必ず必要なので分からない点はスタッフに確認する事を忘れないでください)

 

 

 

 

水抜きが済み、業者に運んでもらう方は、冷蔵庫の荷造りは必要ありません。作業員が当日行ってくれます。

 

 

(ただし、運送業者の場合はそのまま運ぶ事もあるため、見積もり時の確認は必須です。)

 

 

 

 

最後に引越し先の設置場所は、冷蔵庫の周りに物を置かないようにして下さい

5cmから10cm程度のスペースは必要になります。)

 

 

 

壁からは離れて設置し、上にも物を置かないようにしないと、
冷却機能が発揮できない、また熱気による焦げ跡が残る場合があるので注意が必要です。

 

 

また、直射日光があたる場所を選んではいけません。

 

 

設置後は、電源を入れ内部が冷えた事を確認してから中身を保存して下さい。

 

すぐには冷えないので、半日から1日程度は様子を見て下さい。

 

以上で完了となります。

 

また自分で運べない家電だけを輸送してもらう方も増えてきています。

 

冷蔵庫のように大きくて重たいものであれば、そちらだけを専門業者に運搬してもらう方法もお勧めします。

冷蔵庫の配送が格安なのはどこ?

家電一つ運ぶだけでも業者の見積もり額が異なるので、しっかりと比較をして下さい。


Post Categories:準備 |