良くも悪くも引越し業者次第

1月 13th, 2015 · Posted by

good

引越しで気をつけることは、引越し業者さん選びです。
これは1番大事なことだと思っています。

 

私は、主人と結婚をしてから、今の住まいを購入するまでに何回かの引越しを経験しました。

 

最初に住んだのは賃貸のアパートです。
実家から持ってきた荷物を運び入れて、新婚生活をスタートしたのですが、2Kのアパートは2人で住むには良かったのですが、子供が生まれてからは
すぐに手狭になってきました。

 

 

少し広めの所へ引越しをしようと、3DKへの賃貸マンションへと移ったのです。
アパートから広めのマンションへの引越しでしたので、その時の引越しはわりと楽にできました。
荷物もそれほど多くなかったので、赤ちゃんの世話をしながら、時間をみつけて梱包したあとは、友人などに頼んで引越しを完了させることができました。

 

 

3DKへのマンションに引越ししてから、子供が次々生まれ4人になったところで、そのマンションも狭くなり戸建てを購入することになったのです。
この引越しをする際には、引越し業者を頼むことにしました。

 

 

色々な引越し業者がありますが、まず友人などの評判を聞いて、何社かに見積もりをお願いをしました。
そんな中で、1番丁寧な応対で、値段的にも納得できて、全員が正社員で身元がキチンとしているという引越し業者さんにお願いする事にしました。

 

 

梱包は自分達でするので、引越しだけをお願いしました。
当日、まず引越し作業をする前に、住んでいたマンションへのご挨拶を、引越し業者さんがしてくれるのです。
私たちは勿論しましたが、引越し業者さん自らが「本日、00さん宅の引越しで0時から0時までご迷惑をおかけします」と一軒、一軒ご挨拶に行くのを見てビックリしました。

 

こちらの指示でテキパキと動く引越し業者さんたちは、新居についてからも近隣へのご挨拶に行ってくれていました。

 

 

新居への運び入れの際も、全てに配慮した気遣い、心遣いに本当に感動したものです。
大切な家具や荷物の扱い、そして新居への運びいれの姿をみて、ここの引越し業者に頼んでよかったと10年経った今でも思うのです。

 

引越しは引越し業者で決まるといっても過言ではないと、この時に強く感じました。


Post Categories:体験談 |